限度額を増やすことはできますか?

カードローンの中でも銀行系のカードローンは専業主婦の方でも所定の基準を満たせば申込みが可能になっています。
銀行系のカードローンは、借り入れ総額を年収の1/3までとした総量規制の対象外になっているからです。
消費者金融系は総量規制の対象であるため、自身に収入のない専業主婦は融資してもらえません。
いずれにせよ主婦の方のキャッシング限度額は、はじめはかなり低く設定されていることがほとんどです。

そのため限度額を引き上げたいという主婦も少なくありません。
キャッシングの限度額を増額したければ、まずは利用実績を作ることです。
カードローンを申し込んで審査に通っても、使わないままだと限度額は最初のまま上がることはありません。
どんどん利用していくことで、はじめて限度額増額の可能性が出てきます。
利用するといってもただ次から次へと借り入れするということではありません。
借りたお金をきちんと返すことが最も重要であり、それが確かな信用へとつながるのです。
月々の約定日に遅れることなく、所定額を返し続けることが最も大切なことです。

ですからいくら実績を作りたいからといって、返済に困るほど借り入れするのはNGです。
無理なく返済できる範囲でキャッシングをして、しっかり完済するということを繰り返していけば、限度額アップも十分可能です。
要は貸してもきちんと返してくれる人だ、という信用を相手に与えることがポイントなのです。
逆にいえば、返済が何度も滞るようなことがあれば、限度額ダウンになりかねません。
一度引き下げられると、元の限度額には中々戻りません。
限度額引き上げは金融機関から連絡がくることもあります。

また実績を重ねるうちに自動的に限度額が上がっていることもあります。
ある程度利用したら、コールセンターなどに問い合わせて自分で申請してもOKです。
専業主婦でも毎月の返済に問題がなく利用実績を積み重ねれば限度額アップは可能です。