専業主婦でもキャッシングできる会社はどこ?

キャッシングを必要としているのは、サラリーマンだけではありません。
家計を預かる専業主婦だってキャッシングをしたいと思うことは当然あります。
しかし、キャッシングの申し込み条件を見てみると、
「継続して安定した収入がある人」という条件が書かれており、何かしら仕事をしていないと申し込めない雰囲気が感じ取れます。
仕事を持たない専業主婦はどこからもキャッシングができないのでしょうか。

専業主婦はお金を借りられないというニュースが2010年頃頻繁に聞かれました。
これは、2010年に貸金業法が改正され、専業主婦の借入の条件が厳しくなったからなのです。
改正前は専業主婦でも、夫の仕事の内容が審査対象になり、夫の明確な同意がなくてもキャッシングができていました。
しかし、改正後は夫の同意書が必要となり、その他にも様々な書類を提出しなくてはならなくなりました。
これが案外面倒な手続きだということが分かると、キャッシング業者は費用の面を考えた結果、
専業主婦の借り入れ自体を禁止してしまったのです。
なので、現在のキャッシング業界は仕事をしていることが条件となり、仕事を持たない専業主は借りられなくなってしまいました。

しかし、インターネットや広告などで「専業主婦でも借り入れOK」という文字を見かけることがあります。
これはどういうことなのでしょうか。
先ほどの法律は貸金業法という法律です。
貸金業法は消費者金融系や信販系などの業者が関わっている法律になります。
実は貸金業法以外の法律で営業をしているキャッシング業者もあるのです。
その貸金業法以外の業者が専業主婦も借り入れができるというわけなのです。

貸金業法以外で営業しているのは、銀行が運営している銀行カードローンになります。

銀行カードローンであれば、今現在でも専業主婦がキャッシング可能

家計のちょっとした足しに借りたいと考えている専業主婦の方は、ぜひ銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。